Archive | 2010年07月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児のレッスン♪ 導入1

07/30
 今日は、清水真実ピアノ教室で使用している教材のご紹介です♪

その中でも今日は、「導入1」で使用している基本的な教材2冊についてです♪教材は、私が用意し、レッスン開始時に生徒さんにお渡ししています。この他、随時生徒さんのレッスンに合わせて私の楽譜を使うこともあります。

「導入1」は、小学生に上がる前の幼児が対象で、レッスンは年間46回、一回のレッスンは30分です♪清水真実ピアノ教室は、個人レッスンです♪ 教室でも出張レッスンでもどちらでも可能です♪

 幼児の教材は、楽譜屋さんにも色々なものが並んでいますが、どれもそれほど大きく内容に違いはありません。しかし、当教室ではその中でも、長年生徒に使用していているもので、生徒が分かりやすく、なおかつ楽しくレッスンを受けられると感じているものを使用しています。
 また、幼児のレッスンでは、使用する教材が何か?ということよりも、使用教材を上手に利用するということの方が大切に思います。その為、教材の効果的な使い方を常に考えながら、楽しいレッスンを心がけています♪
 
使用教材
①オルガンピアノ1(¥945円) 
 特徴と指導のねらい:曲のタイトルと関連のある挿絵がカラフルで、幼児の感性をくすぐる。曲に歌詞が付いているものも多く、歌うことと弾く事を同時に学ぶことができる。右手だけでなく、左手で弾く機会が多く、結果的にこの教材が終わる頃には(年齢によりますが平均して1年未満)、両手で簡単な曲が弾けるようになる。
以上のようなことを、「無理なく遊び感覚で」出来るように指導している。

②バーナムピアノテクニック ミニブック (¥840円)
 特徴と指導のねらい:4小節などの短い曲が多く、各曲のタイトルが「なわとび」「スキップ」「走ろう」「歩こう」などの、日常の動作を使用している。子どもにとってわかりやすいタイトルで、どのような弾き方をすればよいかがつかみ易い。たとえば、「スキップ」ではスタッカートのついた音符を、「スキップをする様にはずんで弾いて見よう!」などなど。短い曲それぞれに特徴があり、スタッカート、スラー、など様々な弾き方を自然と身につけることができる。
     
その他として、ワークブックと5線紙を用意しています。
 ワークブックと5線紙は、音符の読み方、書き方を実際に書いたり、色を塗ったりします。また、リズムなども楽しく学びます。ワークについては使用している教材がいくつかあり、その中から生徒の年齢などに合わせてお渡ししています。下の写真ではミッキーのかわいいおんがくかきかたノートを使用♪)
 gakuhu.jpg
 
 体験レッスンでも、これらの教材の一部を実際に使用しています♪只今生徒募集中ですので、お気軽にご連絡下さい。
  
清水真実ピアノ教室♪
090-6938-5824
shimizu.pianoschool@hotmail.co.jp
ホームページからもお問い合わせ頂けます。清水真実ピアノ教室ホームページはこちらです。
スポンサーサイト
プロフィール

mami shimizu

Author:mami shimizu
フェリス女学院大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
同大学院音楽研究科器楽専攻修了。
これまでに同大学副手、大手ピアノ講師、拓殖大学北海道短期大学保育科非常勤講師を務めた。
大学副手の業務では、ソプラノ関定子氏の大学院日本歌曲授業の伴奏をはじめ
バリトン渡邊明氏の大学院ドイツ歌曲授業の伴奏、バリトン土屋広次郎氏の学部生のイタリア歌曲伴奏をそれぞれ3年間担当する。
これまでに日浅美和子、河原裕康、川井綾子、田村安佐子、故山岡優子の各氏に師事。
現在は、重松正大氏に師事し、音楽活動とピアノ指導、育児にと奮闘中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。