スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人のピアノ講座 発表会修了♪

02/28
 昨日は、横浜市の大人のピアノ講座の修了発表会でした♪
私のクラスは受講者16名がそれぞれピアノソロで出演されました。
また、アンサンブルも演奏しました♪

受講者の皆さんは、全員が60歳以上で、
この講座を通して初めてピアノに触れた方々です。

年齢は60代から80代の方まで様々なのですが、
皆さんとってもお若く見えます。
年齢を聞かなければ、いくつなのかわかりません。

いくつになっても、新しい事に挑戦してみようと思われる方は、
皆さんお若くいられるのだな、と改めて思いました。

皆さんの素敵な演奏、熱い想いの伝わる演奏を聴いて、
私も、まだまだ若いのだから、何事にも諦めず、
新しい事にも挑戦しなくては!とパワーを頂きました!

発表会後、お茶会を開いて下さり、
可愛いお花を頂きました。
本当に有難うございます。

花束 おさらい会

お茶会で一人一人に講座の感想を伺ったところ、
皆さんの色々な想いを聞くことが出来ました。

♪「子供の頃は、戦争でピアノどころじゃなかった。
ずっと憧れていたけど弾くことが出来なかった。
今やっと、こうしてピアノが弾けて本当に嬉しいです。」

♪「70代で病気を患い、足腰も弱くったけど、
これではいけないと思い、体操とピアノに通っている。
今日は、初めて止まらないで弾けました。
80歳になった今、これからもピアノを続けたいです。」

♪「孫が生まれて、童謡を聴いてほしくて練習を重ねた。
今は童謡だけでなく、クラシックも弾けるようになって、
自分の楽しみとしてピアノを弾く事ができる。
演奏する曲もどんどん大曲になってきている。
次はもっと長い曲に挑戦したいんです。」

♪「家族の看病で、練習出来ない時も多かった。
でもこうして発表会に出られて嬉しいです。
これから、同じ曲にもう一度挑戦したいです。」

♪「子供の頃からピアノが大好きで習っていたけど
家庭の様々な事情でピアノを辞めてしまった。
でも音楽が好きで、ずっとまたピアノを弾きたいと思っていた。
60歳になってやっとその環境が整った。
死ぬときはピアノの前で死にたいんです。
それくらい好きです。
だからこれからも宜しくお願いします。」

他にも沢山の感想を頂きました。

私の倍以上、人生を生きてこられた方、
嬉しい出来事も、哀しい出来事も、
辛い経験も私の倍以上乗り越えられた方、

そんな皆さんに先生と言われる
プレッシャーをとても感じています。
本当に嬉しく幸せなことだとも感じています。

講座をする以上は、
皆さんに楽しんでピアノを弾いて頂きたい。

皆さんの今までの人生を想像しながら、
これからの人生がピアノによって
もっと楽しく幸せなものとなります様に。

毎日練習されている皆さんを見習って、
これから私自身も成長させて頂きます。

また4月から、宜しくお願いします

ピアノ ねこ 五線

生徒募集中
♪清水真実ピアノ教室♪
清水真実ピアノ教室ホームページ♪


お問い合わせには、
下記お問い合わせフォームからどうぞ♪

⇒お問い合わせフォーム
>    
    
携帯電話からはshimizu.pianoschool@live.jp に直接お問い合わせ下さい♪

ピアノ ねこ 五線



 

 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mami shimizu

Author:mami shimizu
フェリス女学院大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
同大学院音楽研究科器楽専攻修了。
これまでに同大学副手、大手ピアノ講師、拓殖大学北海道短期大学保育科非常勤講師を務めた。
大学副手の業務では、ソプラノ関定子氏の大学院日本歌曲授業の伴奏をはじめ
バリトン渡邊明氏の大学院ドイツ歌曲授業の伴奏、バリトン土屋広次郎氏の学部生のイタリア歌曲伴奏をそれぞれ3年間担当する。
これまでに日浅美和子、河原裕康、川井綾子、田村安佐子、故山岡優子の各氏に師事。
現在は、重松正大氏に師事し、音楽活動とピアノ指導、育児にと奮闘中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。