スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ練習の手応えを生徒さん自身が感じて欲しい

03/23
今週のレッスンでは、春休み前ということもあり、おうちでの練習を充実したものにするための練習の方法について特に指導しています。
その練習を効率良くこなすためにはどうしたら良いと思いますか!?
今日はそんなお話です。

最近一番効果があったのが、「今日家に帰ったら弾いてね!」のお約束。
みんな結構守ってくれて、そしてその効果が翌週明らかでした。

みんなレッスン直前は練習してるみたいだけど、それ以上に「今日レッスンで何をやったのか」それをとにかくその日のうちに復習すること!の方をもっと大事にしてみてください!

先週~今週にかけてそれが出来た子はみんな1週間ですごく伸びましたね!!
本当は1週間って本気になればすごい伸びることが出来る期間なんですよ。
生徒さんにもその事を実感してもらえると、もっともっと自分から弾きたくなってくるだろうと思います。

今週それが出来た生徒さんは、本人も練習の手応えを感じた様子。
そして私にも褒められ、また練習頑張ろう!という良いサイクルが出来たように感じます。


レッスンの2、3日後にレッスン内容を思い出して練習するのではなく(無理です)、体が覚えている当日にやる!
これがまず本人が練習の手応えを感じられるかどうかの分かれ道!


そんな私も子供の頃は直前に焦って泣く泣くやる派
だからこそ、こんな風に先生に言われて、自分で手応えを感じることが出来ていたら!もっとピアノが楽しかっただろうな。ってすごく思うから。

今は自分自身も練習して日々変化していくのが楽しくて仕方ない。
本当に「楽しい」ってそういうことですよね。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mami shimizu

Author:mami shimizu
フェリス女学院大学器楽学科ピアノ専攻卒業。
同大学院音楽研究科器楽専攻修了。
これまでに同大学副手、大手ピアノ講師、拓殖大学北海道短期大学保育科非常勤講師を務めた。
大学副手の業務では、ソプラノ関定子氏の大学院日本歌曲授業の伴奏をはじめ
バリトン渡邊明氏の大学院ドイツ歌曲授業の伴奏、バリトン土屋広次郎氏の学部生のイタリア歌曲伴奏をそれぞれ3年間担当する。
これまでに日浅美和子、河原裕康、川井綾子、田村安佐子、故山岡優子の各氏に師事。
現在は、重松正大氏に師事し、音楽活動とピアノ指導、育児にと奮闘中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。